格安の葬儀をご希望の方は九州市民サポート葬祭センターへ

相続や各種届出のことならQサポート|相続手続き・遺言書確認・成年後見・各種届出

お困りではありませんか?

  • 家族が財産分与でもめています...。どうしたら良いですか?
  • 届け出をしたいのですが時間がなくて困っています
  • 口座名義人が亡くなりました。どのような手続きが必要ですか?

ご葬儀以外のことでも不安を少しでも取り除きます。

私たちはお葬式だけでなく、このような事でお困りのお客様の「声」も大切にします。
九州市民サポート葬祭センター提携の、弁護士・行政書士・税理士等の専門の方をご紹介致しますので、
安心してご相談できます。

九州市民サポート葬祭センター提携の弁護士・行政書士・税理士のイメージ

初回無料 0120-310-117 相続などのご相談 受付時間 平日10:00〜16:00

メールでのご相談はこちら

メールで相談する
相続など、自分が死んだ後のことが心配です。
私、悩んでいます。長年勤務していた企業も来年退職の予定。そろそろ老後準備をと思っています。そこでまず始めたいのが、自分の死後、家族が経済的に困らないよう身辺を整理すること。とはいえ、すべて初めてのことばかり。とくに相続は、何から手を付けていいものか分かりません........(男性 64歳)
「相続税とは無縁」とも言い切れなくなった...
相続をスムーズに行うには、生前の本人の準備が欠かせません。相続への備えは、ここ数年話題となっている「終活」の大事な要素ともなっています。
 
では、実際に何をすべきでしょうか。すぐに着手できることとしては、資産内容の整理があります。「口座がどこにあるか分からない」「どんな死亡保障があったのか知らない」という遺族のトラブルを未然に防ぐことができるからです。
整理とは、保有している預金、株式、債権、不動産など、また加入している保険、年金(企業、個人)、あるいはローンもあればその内容をまとめて記しておくということ。加えて、金融機関の通帳、カード、印鑑、保険証券、年金手帳等の保管場所の明記も忘れずにしてください。
ノートでもパソコンでも、何に整理しても構いません。大事なのは遺族が確認できるようその存在を、時期を見て伝えておくことです。
 
さらに遺族の生活に関わるという点では、相続について充分な準備が必要です。2015年から相続税の基礎控除額が4割低下し、「自分は関係ない」と考えていた世帯でも発生する可能性が高まりました。まずは、相続税がどの程度発生しそうか、試算をしておくことをおすすめします。
おしえて!遺言相続を詳しく知りたい

民法で定めた法定相続での分割とは異なり、家族それぞれの事情に合わせた遺産分配を望む場合に有効な制度が「遺言制度」です。遺言制度のメリットは、自分の意志で遺産の分配方法を決めることが出来ることです。満15歳以上なら、この制度を利用できます。遺言には次のようなことを記載できます。

  • 「遺贈」(遺言により、特定の財産または財産の一部を、ある特定の相続人や特定の人へ与えること)
  • 「信託の設定」(公益信託などを設定すること)
  • 非嫡出子を認知すること
  • 「相続分の指定」または「指定の委託」(法定相続分と異なる割合で相続することを定めること)
  • 遺産分割方法の指定または指定の委託
  • 遺言執行者の指定や指定の委託など

相続・各種届出でお困りの方はお気軽にご相談下さい

※相続などのご相談受付時間は平日10:00〜16:00となります。

24時間365日対応、年中無休

葬儀のご相談やお問い合わせに限らず、ご相談やご質問だけでもご遠慮なくお電話ください。

通話無料・相談無料|0120-310-117

メールでのお問い合わせはこちら 葬儀の依頼・お問い合わせ