格安の葬儀をご希望の方は九州市民サポート葬祭センターへ

葬儀・お葬式のマナー|急な葬儀・お葬式のときに困らないよう、基本的な知識を覚えておきましょう。

お葬式に参加する機会は急に訪れます。
そんな時に困るのは「香典は?」「服装は?」「弔電は?」など、
準備するものやマナーについてではないでしょうか。
いざという時のために知っておく必要がある、準備するものやマナーについてまとめました。

葬儀・お葬式のマナー

服装について
香典袋の書き方
葬儀・告別式・通夜のマナーについて
弔電・弔辞の挨拶

男性の場合は?

・ ダークスーツ(ジャケット)
・ 白シャツ
・ 黒のネクタイ
・ 黒の靴下
・ 黒の靴

訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は、派手な服装は避け、多少のカジュアルな服装でもかまいませんが、なるべく落ち着いた服装にすることをおすすめします。

女性の場合は?

・ 黒、紺、などの落ち着いたスーツやワンピース・
  黒の靴
・ 黒、または肌色のストッキングを履く
・ 肌の露出は避ける

訃報を聞いて急いで通夜に駆けつける場合は、「落ち着いた平服」でも問題はありません。

服装について
香典袋の書き方
葬儀・告別式・通夜のマナーについて
弔電・弔辞の挨拶

香典袋の書き方は、宗教(宗派)によって多少異なりますが、故人がどの宗教 (宗派)だったのか、「葬儀・告別式」がどの形式で行われるのかを事前に確認してから香典袋を書いていきましょう。

またどの宗教でも『御霊前』と、用途を書いておけば失礼にあたらないとされていますが、「浄土宗・キリスト教のプロテスタント」の場合は、「御霊前」は 使用しませんので注意が必要です。

香典袋の表書き

香典袋の水引の上には、中央に用途を薄黒で書きま
す。 (用途は宗教により異なります。上記参照)
水引の下の中央には、ご自身の名前をフルネームで
書きます。

香典を連名で包む場合

香典を複数の連名で包む場合、3名までは目上の方から目下の順で、
右から左 へ書き、中袋に全員の(住所・氏名)を書くのが一般的です。

4名以上の連名の書き方は、表書きには代表者(団体名)だけの氏名フルネームで書き、
氏名の左側に「外一同」と氏名の文字よりもやや小さめの文字で書きます。
(団体名の場合は外一同はいりません)そして、中袋または別紙に全員の名前を書きます。

ご夫婦で会葬(参列)する場合は、世帯主名でも連名でもかまいませんが、
故人と夫婦共に関係が深かった場合は連名にするのが一般的です。

※ 故人と仕事上の関係で、遺族の方と面識が無い場合などは、
 氏名の右側に「会社名」を書いたり「名刺」を貼ることもあります。

式別での書き方

仏式の場合

・御香典
・御霊前
・御香料
・御弔料
・御佛前
・御供

仏式では表書きの用途に、上記のような言葉が良く使われています。
「浄土宗」の場合は、死後すぐに成仏するという考えから、「御仏前」と書くのがマナーで上記のような言葉は避けるようにしなければなりません。

神式の場合

・御霊前
・御神前
・御玉串料
・御榊料

神式では表書きの用途に、上記のような言葉がよく使われ、水引は「銀」を使用される事が多いようです。

キリスト教の場合

・御霊前
・献花料
・御花料
・御白花料
・御ミサ料(カトリックの場合)
・弔慰料(プロテスタントの場合)

キリスト教式では表書きの用途に、上記のような言葉がよく使われ、水引はあってもなくてもかまいません。

服装について
香典袋の書き方
葬儀・告別式・通夜のマナーについて
弔電・弔辞の挨拶

通夜・葬儀・告別式でしてはいけない事

・通夜ぶるまいでお酒を飲み過ぎて盛り上がること
・服装、化粧、アクセサリーに配慮がない
・式中に携帯電話の音を鳴らす(マナーモードが電源を切っておきましょう)

焼香の仕方(一般的な立礼焼香の場合)

1:順番がきたら、数珠を左手に持ち遺族親族の方に一   礼して焼香台の前に進む
2:遺影を見つめて一礼し、一歩前に出て右手でお香を
  軽くつまみそのまま静かに香炉に香をおとします。
  (宗派によって異なります)
3:左手の数珠の輪の中に右手を通し、遺影を見つめ掌
  し、一礼する
4:前向きのまま少し下がり、遺族親族に一礼して自席
  に戻る

※ 焼香の回数は「宗派」などによって異なります。
※ 前の人のやり方をよく見て、参考にしましょう。
※ お香を香炉におとすときは、できるだけ香炉に近づけて静かにおとします。
※ 線香をあげる場合は、線香を右手で一本持ちロウソクで火をつけて香炉にまっすぐ立てます。
(線香は振ったり吹いたりして消すのではなく、左手で静かに消してください。また宗派によっては線香を2、3本立てる場合もあり ますが、その場合でも1本ずつ立てます)

服装について
香典袋の書き方
葬儀・告別式・通夜のマナーについて
弔電・弔辞の挨拶

弔電 弔電とは

弔電 弔電とは「お悔やみの言葉を送る電報」のことです。
親しい方の訃報が届き遠方にいるなどで、すぐに駆けつける事ができない場合や、
事情により葬儀、告別式に参列できない場合は早めに「弔電」を打ちましょう。
午後19時までに申し込めば、当日に届けてもらえます。
また値段は文字数によって決められていて、一緒に供花等を届けてもらうことも可能です。
(NTT 東日本・西日本で値段が異なります)

弔辞・弔辞

弔辞・弔辞とは、告別式(葬儀)で故人と親しかった友人・知人が、故人に語りかけるように、お別れを告げることです。

弔辞作成のポイント

弔辞は「3分〜5分・1200字」が目安ですので、あまり長くなりすぎないように作成していかなければなりません。

1:故人へ呼びかける言葉で始める

2:死を悲しむ言葉を述べる「突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです」など

3:故人との関係を明らかにする

4:故人の人柄や、思い出に残るエピソードを紹介する

5:故人のご冥福を祈り、遺族へ慰めの言葉を励ます
 「ご家族のご落胆もいかばかりかと存じますが、ご家族の皆様が心を合わせて強く生きられますようお祈りいたします」など

6:「安らかにお眠り下さい」という言葉で結ぶ

※ 注意点 ・気持ちを込めて語りかける口調で読みましょう
 ・早口にならず、参列者の方全員に聞こえるように読みましょう
 ・形式的な文章よりも、故人とのエピソードなどを交えて自分の言葉で読むといいでしょう。

挨拶

葬式(葬儀・告別式)は、喪主(遺族の代表挨拶)で締めくくることとなりますが、基本的には簡潔に感謝の気持ちを伝えれば良いでしょう。

・会葬者(参列者)へ会葬(参列)してくださったことへのお礼
・故人が生前お世話になったことへのお礼
・家族にとって故人はどのような人であったか
・故人の最後の様子
・家族の今後の生き方と決意

挨拶例

「本日はお忙しい中○○の葬儀にご会葬頂き、御焼香を賜りまして誠にありがとうございました。
○○もみなさまにお見送り頂き、さぞかし喜んでいる ことと思います。
生前中は何かとお世話になりましたことを、故人になりかわりまして厚く御礼申し上げます。
今後、残されました私たちも故人同様、ご指導、ご鞭撻賜りますようお願いいたしまして、
ご挨拶に代えさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。」

24時間365日対応、年中無休

葬儀のご相談やお問い合わせに限らず、ご相談やご質問だけでもご遠慮なくお電話ください。

通話無料・相談無料|0120-310-117

メールでのお問い合わせはこちら 葬儀の依頼・お問い合わせ